娘 スペインの大学受験する ①

 

高校時代1年間ブラジルですごした経験から、ポルトガル語が話せるようになった彼女は、帰国後「スペインの大学へ行きたい」と言い出した。

ブラジルでは現地のブラジル人が通う地元のインターナショナルスクールに通い、授業は英語とポルトガル語

先生もクラスメイトもブラジル人のため、かなりポルトガル語が上手になり、後半は「ブラジル人?」と間違われるほどだった。ポルトガル語スペイン語は7~8割共通しているらしい。とはいえ、スペインの大学って日本人の高校生が受験できるの??

そこからネット検索の日々が始まった。

 

調べて見ると大学生が途中1年語学留学でいくか、大学卒業後にマスター取得でいくかどちらかがほとんど。

高校生が大学受験で行く人なんてほぼゼロ。そりゃそうだ。受験はすべてスペイン語だし留学生枠なんてない。つまりスペイン語が話せる高校生が日本にはいないから受験する生徒もいないのだ。こりゃ参ったぞ、無理なんじゃない? そこで次、何十回、何百回とスペイン大使館に電話連絡をする毎日。なんせスペイン大使館は電話に出ない。仕事してくれ~~と思うほど出ない。たぶん昼もシエスタ取って繋がるのは2~3時ごろから。しかも5時くらいまで。午前中も人がいないのか全然繋がらない。もちろん娘と二人係でかけてみる。けどホントに繋がらない。毎回保留でかなり待たされる。

ありとあらゆるスペイン大使館の電話番号にかけて繋いでもらったり、繋がりやすい部署から繋いでもらったり。たぶんあのころは私の名前はスペイン大使館内で有名だったかも。毎日かけてくるKさんて(笑)でも残念ながらスペイン大使館では正直あまり情報が取れなかった。得たのはDELEスペイン語の検定試験 )がB2クラスないと受験は難しいってこと

 

-高校3年の秋-

次にスペイン語教室で日本でDELEを監修している

セルバンデス文化センターに行ってみる。

http://tokio.cervantes.es/jp/dele_diplomas/information_diplomas_spanish.htm

ここはスペイン教育文化省の管轄らしくDELE取得をここで行っている。まずここで1ヶ月受講したが(必ず初心者コースからしか入れてくれず)簡単すぎて話しにならず7万近い受講料返せ~~といいたくなった。そしてその市ヶ谷/四谷界隈で娘が自分で探してきたもう少し上のクラスから入れてくれマンツーマンで出来るところに移った。(あの辺はスペイン語教室が多くあるので自分にあった教室を見つけることがお勧め)そこでの先生が来年秋にはB2まではいけるだろうということでその言葉を信じてスペインの大学を受験することを家族で決意!(受けるのは本人だが・・)そうこうしているうちに高校卒業を迎えプチ浪人生へ・・・。今後の予定としては

5月DELE受験 (日本)

6月ビザ申請 (日本)

9月~12月スペインの語学学校へ (スペイン)

1月~5月大学進学コース (スペイン)

6月受験(スペイン)

9月大学へ~~

こんな道のりであった。

 

 

続きは「娘 スペインの大学受験する②」で。

DELE受験

大学受験に向けてのエージェント探し

スペイン語学校探しと、まだまだ至難の道続きます~~^^

 

 

 

 

 

ブリューゲル 「バベルの塔」展

babel2017.jp

東京都美術館で開催されているブリューゲルバベルの塔」展に行ってきました。

24年ぶりに日本に来日!というので、この日スペインより半年振りに来日!の娘と現地で待ち合わせ。

が、時差で昼寝をしてしまった娘が駆けつけたのは7時35分!

入り口に方に無理言って、5分待ってもらってやっとたどり着いた最後の最後の展示室にそれはありました。

その部屋の入り口に壁いっぱいに拡大されたバベルの塔にまず圧巻!

小さな小さな人間や馬や馬車まで細かく書かれており食い入る様に見ていた私達。

ピックアップで細部の説明が数ヶ所あり、やっと本物。

もっと近くで見たかったけど人が多くて断念。でも感激。

なにやら3Dで塔を再現して見せている部屋もあり、すごく楽しかった。

 

満足した私たちは、さてなに食べようかと頭を切り替える。

周りは、バベルの塔にあやかって「バベル盛り!」だの「バベルパンケーキ」だの

色々あったが、結局娘が焼肉が食べたいというので焼肉店へ。

そこには何もバベル盛りはなかったけど美味しくいただきました(笑)

 

 

海外ドラマ 「ハウスオブカード」

house-of-cards.jp

やばいです・・。

いくつかの海外ドラマ見てきたわたし。

はまりだすとモーとまらない。

通勤電車ではもちろん、金曜日土曜日は夜中まで・・。

おかげで目がしょぼしょぼになる。

 

Netflixとかって、1話終わったな~って思うと

次の回の矢印が出てきてその矢印をもう押さずにいられない。

 

そして最近、「ハウスオブカード」にはまってしまったのだ。

 

ケヴィンスペイシーのなかなか良いのですが

その妻役のクレアがたまらない。

かっこいいのなんのって。

アレキサンダー・マックイーン」や「ボッテガ・ヴェネタ」や、もちろん米政治家女性のリアル御用達「ラルフ ローレン」を着こなす。

初めのころ、「サンローラン」で一昔前に流行った「ミューズ」バックを持って出ていたが、どうやらわざとで衣装担当がワシントンDCをリサーチして、製作のデヴィッド・フィンチャーと話し合った結果らしいです。

アメリカの政治家やその家族は目立ったブランドのバックは避ける傾向らしい。

日本もかな?

(日本の政治家はただダサいだけか・・・)

 

ともあれ、まだ見てるのシーズン3だし、最近シーズン5が配信開始になったし、

私の寝不足と目のしょぼしょぼは、しばらく続きそう。。。

 

 

 

はてなBlog始めてみました。

はじめまして

はてなBlog始めてみました。

 

まず簡単な自己紹介から

住まい 東京都

仕事  秘書

性別  女性

同居者 父と娘(現在スペイン)

年齢  非公開 バブル時代の人です(汗)

生まれ 京都(でも3歳で大田区へ転居)

趣味  映画鑑賞 yoga  ショッピング お洒落して友人とビストロ巡り

    (特に打ち込んでる趣味は無いかも)

 

とりあえずはこんなところから・・・

ゆっくり始めていきたいと思います。

(写真は通勤時の日比谷公園の紫陽花 もう梅雨の準備していますね)

 

f:id:noa629:20170526112352j:plain